“スマートストア”がついにOPEN! サムソンが提供するランウェイとは。

ーストアの未来がここにー 世界中の最先端ファッションをお届けするFWOから、今回は最新ハック情報をお届け。FWOのファンであれば、少々高価で希少価値の高いアイテムを身につけたいと思う方は多いのではないでしょうか。--Investment Piece(インベストメントピース)と言われるような、自身に最大投資をして身につける高価なアイテム、ただそのようなアイテムはいくつも手にすることは難しいですよね。ただ、欲しいものはやはり手にいれたいのがファッショニスタならではの気心・・あなたならどうしますか? Rent the Runway(レント・ザ・ランウェイ)は、今回そのような方の為に、購入ではなく"レンタル"という方法をご紹介したいと思います! いまだはファッション業界では"レンタル"という感覚がマーケットに精通していない状態があります。そのような新しいアイデアを世に届けようとしているのが、FWOのパートナーでもある韓国トップブランドのサムソンです。スマートストアという新しいコンセプトを打ち出し、RTR(レディートゥーラン)のレンタルストアを構築しています。テクノロジーとショップ体験を絡めあわせるグローバルでも最先端な取り組みとなっています。 Samsungと提携し、世界初のスマートストアを設立" ニューヨークはフラットアイアン州に設立された新しいRTRのフラグメントシップストア。4,000スクエアある巨大なストアで、世界初のテクノロジー✖️ファッションストアを設立したのです。 ここにはこれまでの店舗体験というものはなく、全てが新体験。 Rent the Runwayと合わせて、お客様1人1人にあったニーズや、過去の興味・嗜好に沿ったアイテムの提案をストアで行い、ストアにいながらも、全データをOnlineとも連携し、お客様の要望に答える方法を培っています。フラグメントストアはRent The Runwayのドリームクローゼットとなっており、RTRバーと呼ばれるカクテル・ドリンク提供も行っています。また、Style Studioでは個人個人がスタイリングを行うこともできるのです。 お客様1人1人にあったニーズに、テクノロジーを合わせて最大限に答えることができるースマートストアが実現. まさしく、 ストアの未来はこのようなテクノロジーとの融合になるのではないでしょうか。   ファッションの未来はデジタルとの融合にかかっています。ただしデジタルを駆使したのみの幾何学的な要素を増やすことが目的ではなく、ゴージャスなガウンを身にまとう高揚感、カクテルパーティであったりジュエリーの輝きを感じる心など、そのような1つ1つの体験をより高度なものにするべくテクノロジーを駆使するという体験を、ストアで提供しようとしているのです。 12月にはニューヨークにて特別イベントを開催 我々は12月に行われた特別イベントへ潜入。洗練されたストアの中に入ると、サムソンの75フィートもある巨大スクリーンにランウェイの動画が再生され、コレクションのインスピレーションを大画面で楽しめるように工夫されている。ナチュラルなカラーを貴重にしたシンプルなストアデザインが特徴で、昔のハリウッドを思わせるようなスタイルとなっている。 サムソンのスマートストアの内容は以下: · 4つの32フィートもあるディスプレイにクローゼットが搭載され、多くのファッションスタイルチョイスが1画面で確認できるような取り組みがなされている. 在庫の確認やサイズ確認などもディスプレイ1つで用意に対応できるのだ。 · 75フィートのVIDEOウォール(壁)はストアに入ったすぐ正面に掲載されている。Rent The Runwayのオリジナルコンテンツを筆頭に、最新コレクションのトレンドやデザイナーインタビューなどを流し、ストアが一体となったデザインがなされている。ウォールは9つの46フィートディスプレイが結合され、1日中様々なファッションシーンを映している。 · サムソン55インチ ML55E ミラーディスプレイはお買い物をする人々を対象に、様々な角度から全面鏡で自身のスタイルを確認し、メイクアップのタッチアップなどトータルコーディネートをサポートする仕組みとして掲載。 顧客1人1人が自分のコーディネートを選ぶことができるStyle Studio。顧客はデジタルミラーの前にたち、どのスタイルが自分にフィットするかを確認することができるのだ。 ストアのグランドオープンのタイミングは年末の休み前のパーフェクトなタイミングだったこともあり、多くのお客様が来場した非常に賑わいのあるストアとなった。 Rent the Runway’ストアの予約はこちらから here.(英語のみ) ## Rent the Runway Flagship With love, FWO (This story first appeared at New York Fashion Week Live.)

ソーシャル ショッピングアプリで話題の”Glance”- ロンチパーティに潜入!

Celebrating The Launch of Glance Glanceという、ファッション業界で新進気鋭として注目されているアプリをご存知でしょうか。ファッション業界に関わる編集者を筆頭に、インフルエンサーやモデルなどが一同に会すソーシャルショッピングアプリとして、今注目を集めています。 アメリカのとあるパーティ会場で開かれたカクテルパーティには、ファッション業界における素敵な出会いを期待するファッショニスタで溢れかえっていました。 Source: Courtesy of Glance Source: Courtesy of Glance Source: Courtesy of Glance (Picture Courtesy of Glance) Glanceが開催するローンチパーティの特徴的な点は、来場者向けのサンキューカードやショッパーバッグからも見る事ができます。白いブロック壁には数多くの商品を展示し、スタンプや衣類、frank&coの貴重アイテムやコーヒースクラブなどなど・・Glanceはアイテム1つ1つの美しさを"そのまま"の形で表現することをミッションとして、アプリという形で開発をしたのだといいます。 (Picture Courtesy of Glance) (Picture Courtesy of Glance) (Picture Courtesy of Glance) Source: Courtesy of Glance 様々なショッピングアプリが世界中にある中で、どうしてGlanceが最も革新的なアプリだと言えるのだろうかと思っている方がいるかもしれません。Glanceは私たちが陥るオンラインショッピングの負を打ち負かそうとしているのです。 例えば、オンラインショッピングをしていると、多くの面倒な状況に陥ることがあります。実物を優に超えた美しさを見せるためのやりすぎな加工技術、360度からアイテムが見えるような仕掛けによって重くなるサイト。ここまでくると、アイテムは本当に写真通りなのだろうかと、心配になって買わなくなる人も多いのではないでしょうか。 (Picture Courtesy of Glance) Glanceはこのオンラインショッピングの不確かな現状を打破したのである。このアプリが象徴する"ソーシャル・オンラインショッピングアプリ"というように、リアルな人を介した気分で買い物が楽しめるのです。 ユーザーは、Glanceを通じて自分が好きなものを共有、1分のビデオを素材として購買活動を行います。買い物をするときに感じること、体験することを1つのプラットフォーム上で行うような感覚を味わえるのです。スタイリングレビューから、メイクアップチュートリアル、製品の購入など・・・数えたらきりがない状況を、1アプリ内で行うことができるというのです。 (Picture Courtesy of...

Vogueとサムソン、そしてグリソゴノが送る素敵な一時

New Yorkで送る一時 とある日、Vogueからイベントの招待を受けた。あのVogueからの招待、きっとクールで伝統的、そしてグラマラスなイベントに違いない。そんな時、その一時を今か今かと共に待つ、素敵な時計が欲しくなってしまった。 GRISOGONOとのコラボイベント、アッパーイーストサイドで行われた。 イベントホストはGenevieve Bahrenburgを筆頭に、アーティスト、ライター、そして映画監督など。危篤状態から22日目で回復し、13回の壮絶な脳手術を受けた2013年、彼女はブラックのドレスに合わせた輝くダイヤモンドを身につけ、ブランド GRISOGONOの未来について語った。 黒いネクタイ、スーツ、そしてエレガントなカクテルドレスを身にまとった多くの来場者の中には、ダイアモンドのアクセサリーに合わせ、"スマートアクセサリー"と呼ばれるSamsung Gear S2 を身につけた人がいた。 ラグジュアリーな時計というと、数多くの時計が存在するが、この時計のスタイルはこれまでの伝統的な時計と、デジタルを組み合わせた新たな世代との架け橋となる時計としてデザインされた。 ラグジュアリーとスマートスタイルの混合. イタリアデザイナーはハイテクと呼ばれる時計をグラマラスで輝くラグジュアリーへと変身させたのである。これはまさしく、世の全ての最先端なファッショニスタがもち焦がれるものであろう。 6時と12時になったポイントに2つの輝かしいDLCがコーティングされたGRISOGONOのブラックダイアモンド搭載ウォッチ。 サムソンのグローバルマーケティングチームのヴァイスプレジテント Younghee Leeよると、サムソンとGRISOGONOのコラボは、スマートウォッチとラグジュアリー業界に大きな核心をもたらした第一歩になったと語っている。   SAMSUNG GEAR S2をあなたのとっておきのプレゼントにするのはいかがだろうか? ## With love, FWO

デジタルフロントローという世界を叶える VRファッション

VR Fashion: デジタルフロントローという世界を叶える ヴァーチャルリアリティ(仮想現実) VRは、テクノロジー分野に限らず様々な分野で有名になってきている。まだ多くの人がVRとファッション業界のつながりについて関心を抱いていない現状があるが、VRとファッション業界はすでに近しい関係性になってきている。VRファッションという単語が生まれ、私たちFWOはVRファッションの最新情報について特集をしたいと思う。 仮想現実のランウェイ - Virtual Reality Runways - バーチャルリアリティ・ランウェイと言われて、読者は何のことか、だいたい想像がつくだろう。VRランウェイのすごいところとは?ファッションショー参加者のトップが座るファーストローに、誰でも座ることができるという点だ。例えば、トミーフィルガーは、VRをストア内に展開する仕掛けを行い、ストアにいながら、様々な最新情報をVRを通じて得ることができるようにしたのである。何かアイテムを購入する前に、どのようなスタイルになるかを試着無しに行うことも容易となったのである。 セレブや有名人のクローゼットを簡単にチェック可能 Googleデイドリームが近年セレブや有名人のクローゼットの中を覗くことができるアプリを開発、モデルにはケンダル・ジェンナー等人気モデルの名が並ぶ。これにより、様々なモデルのトレンドルックをいち早くチェックすることができるのだ。VRによって、ただの画像や動画で得ていた情報よりも、よりリアルな情報をいち早く手にいれることができるのである。 リアリティ ファッションマガジン - Reality Fashion Magazines - あなたはこれまで、ファッション雑誌のページがぽっと飛び出すような期待をしたことはないですか?実は、ARの世界ではそれが可能になるのです。3Dの画像やデバイススクリーン等を使用したファッション雑誌は、VRよりもよりリアルな空間を雑誌につくることができるようになるのです。 W Magazineはトレンドピックを保有するマガジンでもあります. 彼らは9月号に3Dモデルを起用し、2D画像やARのコンテンツなども見れるような、より最先端な雑誌としてデジタルに挑んでいます。 AR試着とは? ARは、試着無しでどのようなスタイルが自分の体にあっているか、スタイルのマッチングが容易にできるようサポートをしてくれます。ただし自分が似合うか似合わないかというのは、友達がAR上の自分の写真をとってようやく把握できる状態ではありますが、非常に最先端なAR試着は全世界的に注目を浴びている領域です。 世界的なシューズブランド コンバースは ARアプリ をロンチしました。アプリ上で自分のカメラをかざして、好きな異なるスタイルの靴を試着できるという画期的なアプリです。足にカメラをかざして、異なるシューズを選ぶだけ。 AR試着はオンラインでのアイテム購入に非常に最適な手段となります。サイズの悩みなどは今後一切必要がなくなります。 VRとARのデータ統合 ファッション関連企業は、ようやくVRやARに注目をし、お客様のデータを統合するような仕組みを整え始めています。たとえば、インドのとある会社でフィッティングをより精密なものにするためにデータ統合を行う会社が立ち上がったり、このような現象が全世界で起きているのです。 モバイルユーザーを焦点にあてたVRファッションは、これからも業界で非常に注目を浴びる内容となることには変わりありません。未だVRファッションは非常に費用が高く、ハイテク等のゲームマーケット意外では小さなマーケットではありますが、ファッションをモバイルで見るユーザーが多数になった今日、ARやVRは一消費者にとっても非常に身近なものになるのは間違いありません。VR Fashion Week はそんなVRファッションの未来を叶えるサイトとしてロンチされています. VR fashion はファッション業界にあらたな可能性を開き、モバイル等のデバイスを通じてより革新的なイノベーションを起こしてくれるはずです。

VR Fashion に期待するもの

最近、多くのハイクオリティと呼ばれるファッションマガジンを読みふけりながら、自分は日々何を着るべきなのかというのを淡々と考えている。現代は自分が好きなタイミングで、様々なルックやデザイナー、スタイルを見ることが可能だ。ただし新しく最先端なもの、それが表現されるランウェイで発表されたものは、何ヶ月も先になってからではないとそのアイテムを入手することは困難だった。そんな中、ゲームチェンジャーとしてvirtual reality fashion shows.が現れたのでここで紹介したい。 これまでのように様々なランウェイのウェブサイトを見て回るのではなく、ランウェイをすべてLIVEで、且つファーストローに座って見ることが可能となるのだ。ただどうやってそのようなことが実現可能になるのだろうか? さまざまなデザイナーが360度VRを使用しファッションショーをくまなくみれるような取り組みを始めてきた。しかもこの360度VRの活用により、非常に大きなヘッドセット等は一切必要じゃなくなるのだ。ヘッドセットをつけてもつけていなくても、360度さまざまなところからファッションショーを楽しむことができる。virtual fashionによりそのような世界が実現可能となっているのだ。 それともう一つ面白い点は、ビューアーはrunwayを様々な角度から、ズームアップなどをして至近距離で見ることも可能となる点が、VRの面白いところだ。ただし、このような高度な技術はNYFWでもあまり導入はされていないようだ。このズームアップ技術により、アクセサリーの装飾や生地の質感等もしっかり見ることができるようになり、よりファッションショーにいる体感を味わうことができるようになるのだ。 ただし、これによりフロントローの要とも言われるアナ・ウィンターやカーダシアンや人気デザイナーとの差異を無くすような取り組みとなるのである。一般人であっても、ファッション好きであっても、平等に好きなファッションショーを見ることができる。これまでにアクセスすることができなかった新たな領域に、多くの人を巻き込んでいくVRファッション。FWOはそんな世界を最先端で仕掛けていきたいと思う。 ##

Cheryl Steals Kate Middleton’s Beauty Icon Status

Elegance isn't solely defined by what you wear. It's how you carry yourself, how you speak, what you read. We have got to change our ethics and our financial system and our whole way...

Interview with Yumi Katsura | Paris Fashion Week Exclusive

Interview with Yumi Katsura Yumi Katsura's dresses are considered modern masterpieces. Born in Tokyo, Katsura studied the techniques of haute couture in Paris at École de la Chambre Syndicale de La Couture Parisienne. In 1964, Katsura...

デジタルへの愛: NYFWで魅せたVRスタイル by サムソン

(By Irene Cacciarini; art directed by Pablo Patanè) The Shows ヴァージャルリアリティ は今だテクノロジーのみの要素だと思われている中、FTL Moda はNYFWで唯一VRのショーを開催した。今回のショーに、我らがFWOとサムソンが提携し、VRスタイルを確立させたのだ。 New York Fashion Weekの成功により、VRの可能性というものが非常に高まり、続いてRNYWマガジンや、FTL Modaのプラットフォーム上においても、継続的なファッション業界におけるVRの融合を行っている。 2月14日,Fashion weekの6日目のとある日、ニューヨークのファッションエリートは皆チェルシーにあるSpace 837へ集まった。VRのファッションショーを開催することになったのだ。  Samsung's Space 837に集まる ファッションエリートがみたものとは ミラノのFTL Modaチームにより制作されたVRは、国際的に有名なデザイナーLimor Ben Yosef, Premal Badiani, Fllumaé, Sonja Tafelmeier、またInvicta,などの協力により開催された。 正午頃、Space 837はファッショニスタを中心にセレブリティーや業界関連者を対象にOPEN。ショールームやミュージアム、レッドカーペットにVIPルームもある大規模なスペースを展開した。 SamsungのディスプレイはFTL ModaのVRスタイルを掲載し、幻想的かつ未来的なスタイルで、くる人全てが言葉を失うような情景がみられたのは言うまでもない。 At Samsung 837 Faces 巨大なスクリーンインスタレーション(ページトップ)は、Irene CacciariniとディレクターPablo Patanèにより作られ、Make Up...